サンプルページ

女の子が通う教室と言えばピアノ教室

Posted by on 3-03-13 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

いろんな習い事の教室がありますが、女の子の習い事と言えば、ピアノ教室というイメージがあります。私も小さなころはピアノ教室に通って習っていた一人です。しかし私の場合は、途中で挫折してしまい、数年でやめてしまいました。毎月高い授業料を払っていたというのに、大人になった今となっては、きれいさっぱりとピアノの弾き方を忘れてしまっている始末です。ですので私にとっては、あまりピアノは向いていなかったように思います。私にも娘がいますが、今の幼稚園の段階では、まだ習わせてはいません。しかし娘の周りの友人たちはもう習い始めているようです。
ですので娘もだんだんとピアノに興味をもち始めています。ピアノというのは、ピアノ教室に通うだけでは、なかなか身につかないものです。家に帰ってからも繰り返し練習することによって、だんだんと身についていくものだと思います。ですのでただ通わせるだけではなく、しっかりと家に帰ってからの復讐が重要になりそうです。ですので、親としても一緒にピアノの練習に付き合う必要があります。そうなってくると、毎日仕事や家事が忙しい中、子どもの練習に付き合ってあげることができるか不安になってしまいます。しかし、こういった教室というのは、本人のやる気次第です。もし本人がやる気があるのであれば、親としては応援してあげる必要があると思います。子どものためには、忙しいばかり言っていられないとも思いました。

ピアノ教室を決める時、教室の情報をなるべく収集する

Posted by on 2-02-13 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

個人的にピアノが好きで我が子にも習わせたかったのですが、どうも向いていなかったようです。その代わり近所のお友だちの子供が多く習っていまして、色々と情報を聴きました。まず、地域にどういったピアノ教室があるかを調べます。全国に教室を構える名の知れた大きなところは比較的駅前などに集中してあります。その他に、看板を掲げていなくても個人で自宅で教えてくれている教室が地域には沢山あります。大きな教室は指導マニュアルもしっかりとしていて、一律のクオリティを提供してくれますが、個人経営のところは何かと分からない点が多すぎます。しかし、そういったところにも良い先生は沢山いらっしゃいますので、まずは小さな子供の足で通いやすいところを調べていくというもの手です。そして、ピアノ教室の情報は学校や幼稚園、保育所のお母さんたちが持っていますから、積極的に「ウチに子ピアノ習わせたいのだが」と言って回ると、何処からか聞きつけて話をして下さる方が出てきます。
そういったお母さんたちの口コミは比較的安心していいと思います。あと、子供のタイプで大きな教室向きか小さな教室向きかはお母さんが日ごろ接しながら判断したらいいと思います。入ってから向かないと思ったら、直ぐに変えてもいいと思います。次の教室に行っても、今まで習ったところの続きから指導してくれます。あまりにも転々としたら子供も迷いますが、不向きな教室に通い続けるとピアノ自体を嫌いになってしまう可能性もあります。まずはお母さんたちから情報を集めましょう。

ピアノ教室、名の知れた大きな教室に行くか、個人経営に行くか

Posted by on 1-01-13 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

私も3歳からピアノ教室にかよっていたのですが、従兄弟もならっていました。私は元々全国に教室がある大きな名の知れたところに通っていたのですが、途中から(小学校の2年生あたり)個人が経営する小さな教室に行くようになりました。大きな教室は、ピアノを教えるマニュアルがあり、どの講師も一律な技術を持っているのに対して、個人経営のところは、何かと個性的な気がします。どちらが良いとは一概に言えないのですが、その子供のタイプによってどちらも向き不向きがあると思います。私はどちらかというと個人教室の方があっていた人間です。しかし大きな教室はピアノの発表会の時は、オーケストラの演奏も出来るような大きなホールを貸し切って、その地域の関連教室の、何百人という生徒が寄って発表会をします。その催しは一種のショーのようでありまして、小さな子供の着るドレスはまるで妖精かプリンセスのように可愛らしく、そして一番上級者の大学生などの時には、まるでクラシック奏者のような豪華なドレスを身に纏っています。
実はその衣装を見るだけでけっこう楽しかったのですが。そして終わりの方の大学生の演奏などは、ショパンやリストといった難易度の高い曲を演奏しますので、小さな生徒はそれを聴くだけでも充分と刺激になると思います。それが大きな教室の醍醐味だと思います。個人教室は発表会はコジンマリとしますが、とてもアットホームで、生徒と話し合って細かく指導してくれます。それが小さな教室のいいところだと思います。

個人経営の教室か大手のピアノ教室か

Posted by on 12-12-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

子供がまだ1歳半くらいのころに、たまたま地元の広報に掲載されていた大手のピアノ教室の無料リトミック体験というのに参加したことがありました。その時は、習わせたいというよりも、いつもと違った雰囲気で同じような年齢の子供たちと触れ合う時間ができたら良いかと思って、そして、私は結婚してから知り合いもいない所に嫁いだので、ママさんとお知り合いになれば良いかと思っていました。
そのリトミックに関しても、通常レッスンとして申し込むのであれば、週2回、だいたい1時間くらいのレッスンで月謝が6千円ほど掛かるようでした。先生のピアノに合わせて、タンバリンを叩いたり、自由に身体でリズムを取ってみたりという内容で、それなら私はピアノ弾けないけどもCDやDVDなどで、同じような遊びができるのではないかと思いました。
しかし、幼稚園に通うようになってから、周りのお友達が色々習い事をしていることを知りました。3歳にしてすでに塾に通って、ひらがなや数字の読み書きの練習をしている子や、ピアノ教室に通っている子もいました。うちは、通うとなれば少し離れた所に大手の教室があり、近くには住宅街にある個人の教室みたいなところしかありません。下の子がまだ幼いので、週2回でも送り迎えが大変ですし、近場に大手のレッスンがあれば、悩まず通わせてあげたいと思っているのですが、なかなかうまくはいきませんね。もう少し大きくなって本当にピアノに興味を持ったら考えようかと思います。

教室に通うのなら女の子はピアノ教室へ

Posted by on 11-11-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

私も小さいころにピアノ教室に通っていました。はじめのころは教室といってもビルの中に入っていてそこでグループで授業をしていました。幼稚園の時はそうやってグループでピアノをやっていたのです。これが結構楽しかったです。友達などもできて一緒にアンサンブルや歌までも歌ったりしていました。また年に1度発表会もやっていました。これも結構楽しいなって思いました。幼稚園の時はピアノでなくてまずは、エレクトーンをやっていたのです。いろいろなボタンがあってそれを操作するのも楽しかったのです。そして私の通っていたところにはピアノ教室で使うセットのようなものがあって、それでマグネットで五線譜のようなものもありました。それで遊んだりするのも楽しかったのです。そのピアノ教室のバッグを持っているのも自慢できて嬉しかったです。やはりピアノは女の子が通う教室というイメージがあっておしゃれで上品なイメージがありました。だから習っているとかっこいいと思われていました。
そして小学生になってから先生の家でピアノを習い始めるようになりました。先生の家に大きなグランドピアノがあってそこで教室を開いていたのです。姉と2人でいつもピアノをやっていました。結構、楽しくやっていました。待っている間に本があってそれを読むのも好きでした。でも私はいつも練習をしていなかったので何度もやり直しをさせられていました。でも次に待っている友達とたまに会ったりしておしゃべりできるのが楽しかったのです。家の近くだったので歩いて行ける距離でもありました。またそこのピアノ教室では発表会をホールで開いていて参加していたのです。人前で演奏するのは少し緊張していました。そのほかにも合奏をしたりしていてそれが私は楽しみでした。今でもピアノがある程度ひけるので習っていてよかったなって思いました。特に女の子は習うと楽しくていいと思うので子供にもやらせてみるといいと思います。

能力とアピール

Posted by on 6-06-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

能ある鷹は爪をかくす、特に出る杭は打たれる事が多い日本の社会では、沈黙は金、というところはあります。
しかし最近はそういった傾向が薄れ、より主張をする人が良いというような考えを取り入れる人が増えてきました。
自分の主張をごり押しすることは海外でも嫌われはしますが、何も言わないよりはまだいいでしょう。
それくらい物事や考え方が大きく転換してきている気がします。

世界に出て行く場合には、自分のポジションや主張くらいは守り通す芯の強さを持たないといけませんから、自分の能力をさりげなくアピールするだけのしたたかさを持つ事が大事です。
人が良いだけでは、これからのグローバル競争のなかでは勝ち抜いていけませんので、そうしたプレゼンや発表、コミュニケーションの技術を磨く講座、スクール、教室に通うのもいいかもしれません。

自分をよく知り、アピールをしっかりしていく事が大事です。
譲っているばかりでは相手が悪いと出し抜かれるときもあります。

仕事とスキル

Posted by on 5-05-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

仕事を得る為には、その仕事をこなすスキルが必要です。
普通のオフィスワークならば、いまはwordやexcelの使いこなしは当然でしょうし、その上でなにか特別スキルや英語などの平均的な知識が必要です。

そしてそれらの技術的なスキルはさておき、実は一番職場で必要なのは、人付合いスキルです。
その職場で上手くやっていくのには、仕事ができるかどうか、よりも人を上手くあしらうことができるかにもよります。

仕事ができるけれどもいつも仕事が集中しがちな人と、あまり仕事はやっていなさそうなのに、上手く世渡りをしている人、その違いはおそらく人付合いの違いです。
かといって評価が前者の方が高いかというとそうでもないのがふしぎなところ、それが会社、組織という物です。

仕事とスキルという曖昧なもの、そしてできればもっていたほうがいいもの、けれども出世するか出世しないかというのは、本当は別の所にあることは、大人になれば分かります。
教室で学ぶ事とは違う事実があるのです。

コミュニケーションが鍵

Posted by on 4-04-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

コミュニケーションツールとしてのパソコンや携帯は、すでにほとんどの人が使っているツールです。
対面や電話ではなく、そうした文字や画面によるコミュニケーション、そして個人の情報が一方的に流される事が多くなっている最近では、そのセキュリティ対策も大事になってきています。
ITスクール、教室などに通って、そのセキュリティの部分を学ぶと、如何に自分たちがネット上で無防備かよく分かります。

こうしたインターネットを通したコミュニケーションはそれだけ危険もあることをよく知っておきましょう。
個人のプライバシーの問題は線引きがむずかしいですし、ネット上には色々な人がいますので、くれぐれも軽率な行動は控えましょう。
コミュニケーションが鍵とはいってもよい形でのコミュニケーションが大事です。

表面的な教室内だけではなく、いまはネットの世界もあって、子供の世界が2つあります。
色々な書き込みで問題が起こることがあり、学校も危険にさらされていることも確かなのです。

勉強と人付合い

Posted by on 3-03-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

長い人生で、これで食べて行けるというような専門性をもったスキルを磨く以上に大事になってくるのが、社会にでて、どのように人と付き合って行くかを学ぶことです。
すこし矛盾するようですが、学校での成績も、仕事の査定も、多少は感情論が左右するところがあり、先生でも、上司でも、お気に入りの生徒や部下がいるのはむしろ当然ですし、自分の感情論だけで査定をしないことが大前提ではありますが、どうしても偏った評価がでてくることはよくあるでしょう。

むしろ客観的に公平にみることができるほうが難しいかもしれません。

そうしたなかで、自分のことがうまくアピールできない、人付合いが下手な人はどうしても苦労しやすくなって、才能があってもなかなかそれを上手く活かす事ができないでしょう。
つまり要領が悪い、誤解を受けやすいということです。
人生で大事なのは、自分を引き立ててくれる人との出会いといっても過言ではありません。

なにも言わなくても分かり合えるということは稀ですので、自分のことを出来る限りよく見てもらう様に工夫することです。
なかには自然に振る舞っていても人に好かれる人もいますし、あまり勉強しなくても出来てしまう才能のある人もいますが、凡人はなにしろ頑張らないといけません。
教室で身の処し方を学んでいきましょう。

教室で学べることとそうでないこと

Posted by on 2-02-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

子供は学校に行き出すようになると、急に社会性を身につけるようになります。
そしてそれなりに組織で、また自分のいるコミュニティで暮らしていくことを学んで行きます。
言語や習慣、そしてルールやマナーなども学びますが、勉強とはまた別に、そうしたことを全般的に毎日の生活で学ばせないといけません。

正しい生活習慣とか言葉使いというのは、学校では教えてくれませんから、家庭でしっかり教育してあげないといけません。

最近はモンスターペアレンツなどの話題もあって、先生も込み入った所までは注意してくれませんから、子供はますます野放しになってしまいます。
学力や習い事とは別に、そうした基礎的な部分がそれからの人生に影響しますので、親がそばでしっかり見ていてあげないといけません。
教室で学べることは、そう考えると本当に一部なのです。
学力を伸ばすことだけに熱心で大事なことが備わっていない子供にならないように、親がしっかりしつけをしましょう。